インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

まず、一般検診(虫歯、歯周病)を行いレントゲン写真、口の中の写真、噛み合わせ、全身状態をチェックします。

そして、それらを総合してインプラント治療が可能かどうか治療計画を立てます。


治療の内容や期間、治療中の注意点、治療後のケアにいたるまで、しっかりカウンセリングを行い不安を解消します。


治療計画に基づき、インプラント手術を行います。骨質にあったインプラント(フィクスチャー)を選択し、顎の骨にインプラントを埋入します。

手術終了後、術後の注意事項などを説明し、次回の予約をとります。


安静期間が過ぎ、インプラントと骨が結合したら、2次手術で歯肉の整形手術を行います。フィクスチャーにアバットメントを連結し、歯肉の形を整えます。

再び、安定するまで治癒期間を持ちます。


歯肉のかたちが整った時点で型をとり、色や形を患者さんに合わせて作製します。

天然歯と見分けがつかないくらいの人工歯をインプラントに装着します。


歯があったときと同じ感覚が回復します。残っている歯の状態も良くなります。


インプラントを長く使っていただくために、ご自身で行うブラッシング方法を習得していただきます。

その後は3ヶ月~6ヶ月程度に1回の定期検診を行い、インプラントや噛み合わせ、人工歯をチェックします。